読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『個性濃縮』ブログ

京都を拠点に暇人社会不適合ライター達が『個性』をダダ漏れにした記事を更新する愉快痛快廃コンテンツはこちら

【貰った側】先輩に引越し祝いを貰った話

 
 
みなさん、プレゼントってわかりますか?
 
 
一般に、人の喜ぶものを与える行為です。
 
 
先日、あるLINEが届きました。
 
 
 
 
なんこれ。
 
 
めっちゃ怖ない?
 
 
 
頑なに理由を言わず、僕に集合をかけるアチョーさんです。
 
 
電話が何度もかかってきて、その度に断りを入れる僕。
 
 
 
それでも集めようとするアチョーさんはついにこの一言。
 
 
 
「先輩やぞ!」
 
 
 
 
思えば色々ありました。
 
 
タイに行けば、残金の少ない僕を嘲笑うようにゴクゴク、コーラを飲んでいました。
 
 
 
知らない間に心理テストを受けさせられ、ボノボ以下の知能だと判定されたこともありました。
 
 
 
僕がスベる度に最高の笑顔を見せてきました。
 
 
 
そして、この間、こんなことを言っていたのを思い出しました。
 
 
 
 
 
 
 
アチョー「あんな、犬の散歩中にな、なんかエイリアンの卵みたいなん落ちてるんやんか。それ、お前の家で孵化させてええ?」
 
 
 
 
 
 
 
 
いい訳ないやん。
 
単純に考えて、家でエイリアン孵化してたらどうよ?
 
 
嫌じゃん。
 
 
 
 
アチョー「いや、ほんまにエイリアンな訳ちゃうで、本気にすんなよ」
 
 
 
いや、する訳ないやん。
 
 
エイリアンな訳ないやん。
 
 
 
わかってるやん。
 
 
 
なんかの卵、孵化させるのが嫌な訳やん。
 
 
 
 
アチョー「多分、カマキリの卵やけど」
 
 
馬鹿やん。
 
 
自宅でカマキリの卵孵化させようってなるわけないやん。
 
 
 
 
 
 
 
アチョー「wwwwww」
 
 
 
 
 
何笑ってんねん。
 
 
 
そんなことがありました。
 
 
間違いない。
 
 
あの野郎、ついにエイリアンを用意したに違いない。
 
 
断固辞退する!!
 
 
あんな酷い先輩を僕が信頼するわけないでしょう。
オモチャじゃないんだ、後輩は!!
 
 
 
強く出た僕に、アチョーさんは諦めたのか、プレゼントをポストに置いていくと折れました。
 
 
 
あの野郎に抗ってやったぞ!!
 
 
僕は密かにガッツポーズをしました。
 
 
 
 
その後、ゆっくり時間をかけて、家に帰ると………。
 
 
 
 
 
 
あ…
 
 
 
 
え………
 
 
 
 
なんか………
 
 
 
いい感じの紙袋に入ってる……
 
 
 
あれ?……
 
 
 
もしかして、アチョーさん……
 
 
 
 
 
ガチにプレゼントくれた……?
 
 
 
 
嘘やん………
 
 
 
 
 
そんな………
 
 
 
 
 
 
ごめん!
アチョーさん……!!
 
 
 
 
 
ガサガサガサガサ………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
亀でした。
 
 
 
 
 
 
 
……………はぁ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
えー、レディ寺田、引越し先で亀を飼うことになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
本当はソファやローテーブル、その他の家具が全部揃ってから、ゆっくり熱帯魚でも買って、アクアリストデビューでもしようかな〜とニコニコしていたのに、おいおいおいおい!!!
 
 
 
 
 
 
 
亀!!!!
 
 
 
 
 
 
ソファの前に亀!!!
 
 
 
 
亀!!!!!
 
 
 
 
 
 
絶対、飼育クソ難しい魚飼いたいなーとか思ってたのに……!?
 
 
 
 
亀!!!!!!
 
 
 
 
 
というわけで、僕がカメを飼い始めた理由はこんな感じでした。
 
 
 
 
 
名前は「ぷかぷか」にしました。
 
 
 
浮いているから。
 
 
 
 
 
それでは。