読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『個性濃縮』ブログ

京都を拠点に暇人社会不適合ライター達が『個性』をダダ漏れにした記事を更新する愉快痛快廃コンテンツはこちら

ポエム・ポエマー・ポエミスト in タイ

 

こんにちは。某俳優の宇梶剛◯の親戚だと度々嘘をついている こんぷらいあんすぼーい です。

 
 
 
 
私は仲間たちとタイに来ています。そんな旅で私は思ったことがあります。それは...
 
 
教科書に載りたい。
 
 
タイとはなんの関係もありません。ただ思ってしまったから、誰にも文句を言う権利は無いはずです。
そこで私はどうすれば教科書に載れるか考えました。そして導いた答え。それは...
 
 
詩を書こう。
 
 
ええ、知能指数は低いです。分かっています。ただそう思ったんです。
 
ということで、宿泊先で詩を書いてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
いきなり生みの苦しみを味わいました。
 
 
 
当たり前のことと、雑なWikipediaみたいな詩を書いてしまい、自分に絶望したので、バイト先のお土産に買った寝仏に問うことにしました。
 
 
 
 
...
 
 
 
......
 
 
 
 
あ....
 
 
 
 
ブーンブンブン
 
 
 
 
 
暑いなー...
 
 
 
 
 
来てしまいました。ワット・ポーという巨大な寝仏様 がいるところです。ここに来ると良い詩が書ける。そう言われてる気がしました。
 
 
一つの入れ物に小銭を入れていくという行為を寝仏様に感謝しながら行いました。
 
 
 
 
 
これでいい詩が浮かぶ...
 
 
そう考えただけでウキウキワクワクドキドキハラハラします。
 
御賽銭を全て入れ物に入れ、詩を書きました。
 
 
 
 
 
 
私は何てことを思っていたのでしょう... 
寝仏様の前では素直になってしまいました。ただこれも一つの成長、そう捉えます。
 
 
ただ寝仏様は私にこう言われました。
 
 
 
 
「もっと近くを見なさい。」
 
 
もちろんただの妄想です。非常に暑く、お金もかかるし、朝には謎の緑色の便が出たから早く帰りたい訳では絶対にありません。
 
 
そこで私は宿泊先の近くにあるワット・トライミットという黄金の仏様に会いに行きました。ただお金をケチったので名物ではない2番手の仏様です。
 
 
 
 
ここで私は20分間正座をし、目を閉じました。
 
いい詩ができますように...
 
いい詩ができますように...
 
身長が、あ...
いい詩ができますように...
 
こういうのって神社でやるのかな...
 
まぁいい、いい詩ができますように...
 
 
 
そして書いたのがこちらです。
 
 
 
 
やはり素直になってしまいました。
タイで仲間たちにいじられたストレスが浮き彫りになっています。ちなみに身長は168cm。(ガチ)
 
 
このむしゃくしゃした感情のせいか小さな金色の仏像を160バーツ(約450円)で買ってしまいました... タイで160バーツあれば1日の食費をまかなえます。
 
 
 
ただこれも仏様の御告げ。そう信じ、宿泊先に戻って詩をもう一度考えました。
 
 
 
 
 
 
キタキタキタァ!!!!
 
 
 
イヤッフゥー!イェーイ!フォーーーー!
 
 
 
 
 
 
意外と突き刺さる詩ができました。
ただ、自分でも分かるくらい寒いです。
これは立派な黒歴史です。
 
絶対に拡散しないでください。
ごめんなさい仏様。
 
 
 
ていうか詩と感想文の違いって何ですか?
 
 
 
(終わり)