読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『個性濃縮』ブログ

京都を拠点に暇人社会不適合ライター達が『個性』をダダ漏れにした記事を更新する愉快痛快廃コンテンツはこちら

【起きれない】ので雷属性の目覚まし時計を作ってもらった。-下-

 

-前回までの(雑な)あらすじ-

 

目覚まし時計を作ろう!

→山あり谷あり

→生命線である豆電球が死んだ。

 

koseinousyuku.hatenablog.com

↑ 詳しくはこちら

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615110413j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain、どうするよ?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「んー、

ずるずる

 でもさ、これがないとさ、

ずるずる

 ほんまに電気が流れてるか

 確認のしようがないしさ

ずるずる

 むやみに電池繋げても、

 意味ないねんなー」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「とりあえず、下手しい

 命が関わる実験の最中

 サッポロ一番食べんのやめよか。

 あ、電球のスペアとかないの?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「あるっちゃあるねんけど、、」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615112623j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「豆電球じゃなくてフツーの電球ねんな。

 さっき見てみたら

 点灯に100Vぐらい必要みたい。

 でも100Vってヤバいやんな。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「100Vは流石に

 なにかを失う気がする。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「とりあえず、、

 丁寧に乾電池10個繋げてみるわ。

 アチョーはそのアルミホイルを

 いい感じにしといて

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「説明雑かよ。

 それで伝わるんマナカナぐらいやろ。」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615113917j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「こんな感じでいい?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「うん、そうそう!

 ちょうどそんな感じ!

 おれもできたわ!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「あの説明で正解を導いた

 自分を褒めてやりたい。」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615114005j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...単三もこう繋げるとなると

 けっこうデカいな。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「これと他パーツを

 組み合わせるとついに!!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「お!ついに!?」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615115525j:plain

シュゴォオーーーー!!!

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615115745j:plain

ピシャァアーーー!!! 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615120141j:plainクリップァアーーー!!!

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615120554j:plain

 エナメル銅線ァアーーー!!!

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615121901j:plain

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615121955j:plain

シャキーーーン!!!

(くそダセぇ目覚まし時計が合体した音)

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain「完成!!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「くっそダセぇ!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616094709j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「うえぇ、なんやこれ!

 ウェアラブルは?

 めざましい技術開発は?

 人類のソリューションは?」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616095054j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「裏側のやっつけ感エグいな!!!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「見えへんしええやろ?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「実験のためやから!!!って

 アホみたいな作業黙々とこなしてた

 さっきの自分思い出して。」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「ちなみにこれってどういう仕組みで電気が流れんの?

 僕が朝起きてから一連の流れ教えて。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「まず、朝になったら目覚ましから音が流れるやろ?」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「うん」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「その音を止めるためにどうする?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「え、ボタン押して止めようとする...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「やんな!そのボタン見てみ」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616100202j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「近くに電池につながれた不自然なアルミホイルがある...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「このボタンを押してアラームを止めようとするとアルミに触れて...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「まさか...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain

「電気流れるやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain

「とんでもないもん作りやがった!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615121955j:plain

ドM専用セルフ拷問器具ぅ~ドラえもん風に)

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「そもそもボタン押す時点で、

 音だけで起きれてるやん。

 あと押したら確実に電気流れるって

 わかってておれボタン押すん?

 ドMやん。大前提にドMやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「...でもおれの友達も

 これならイケるって言ってたで??」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「そいつ絶対適当に返事してたで。

 パズドラしてなかった?そいつ

 ガチャ回すんに必死じゃなかった?そいつ

 

 ...あと一番の問題点言っていい?」

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616102446g:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「上に伸びた電池邪魔で

 ボタン押せへんやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain

「(笑)」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...あと、これさ

 万が一、億が一、兆が一

 器用にボタン押せたとして

   ほんまに電流流れんの?

 今回の企画それが全てねんけど。

 梅潤、アルミホイル触ってみてや。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plainえぇ!!?おれやんの?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「死因コレだけはほんまに嫌やわ。

 あの世で先祖にリンチされそう。」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「...いくで?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「ごくり....」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616103159j:plain

ぽんっ

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「.........」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616103244j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「......」

 

f:id:koseinousyuku:20160618160732j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain

「.........」

 

f:id:koseinousyuku:20160618160808j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「............」

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160617141257j:plain

思い出ずっと ずっと忘れない空

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160617140608j:plain

二人が離れていっても

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618113549j:plain

こんな好きな人に出会う季節二度とない

 

 

  

f:id:koseinousyuku:20160615110413j:plain

光ってもっと最高のLady

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616102446g:plain

きっとそっと想い届く

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618150117j:plain

信じることがすべて 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618114353j:plain

Love

 

f:id:koseinousyuku:20160618145619j:plain

so

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618154151g:plain

sweet

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「いかがだったでしょうか?

 今回はものすごく失敗に終わりました。

 頼む相手を間違えたのが主な原因です。

 そもそもこの構造で電気が流れるのかさえ

 定かではありません。

 僕が朝すっきり目覚める日は

 果たして訪れるのでしょうか?

 

 ・こんな方法があるよ!

 ・こんな目覚まし時計は?

 様々なアイデア募集中です。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain

「では、おやすみなさい。」

 

 

 

 

おわり