読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『個性濃縮』ブログ

京都を拠点に暇人社会不適合ライター達が『個性』をダダ漏れにした記事を更新する愉快痛快廃コンテンツはこちら

【できた】リアル死者蘇生

 

 

 

どうもこんにちは!

ごめんなさいのKissing アチョーアギナルドアギタカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、僕はこの記事を書くか否か

本当に悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも何も考えずに

ノリだけで記事を書き、勢いで投稿し

他のライターに誤字脱字を見つけてもらうような僕が

本当に悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

悩みがなさすぎて

三者面談がいつも5分で終わっていた

あの僕が今回に関しては本当に悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、今回の記事は、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだものを蘇らせる企画だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ〜 (♪怖い時によく流れるアレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

... 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、「死者蘇生」というものをご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

遊戯王」でお馴染み、

同年代の男子なら

大抵の人は知っているでしょう。

 

 

 

墓地に存在しているモンスターならばどんなレベルステータスでもこれ1枚でフィールドに呼び戻してしまう強カード。大量のカードが存在する現環境でも「とりあえず入れておこう」でも十分すぎる活躍をしてくれる。(- ニコニコ大百科(仮)より引用)

 

 

 

 

 

 

そのカードの持つ力に人々はおびえ、

禁止カードに指定されていたという

過去もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「鋼の錬金術師」でも

人体錬成という死者を蘇らせる技がありました。

 

 

 

母親を失った主人公兄弟が、

必死の思いで蘇らせようと

知識を集めこの技を試みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼らに待っていたのは悲劇...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公兄は、右腕・右足

そして弟の体全てを失ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「NARUTO」にも穢土転生という

死者を蘇らせ操る秘術がありましたね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「ドラゴンボール」でも

玉を数個集めたら、死者を蘇らせることができましたね、 

 

 

 

 

 

 

 

たしか「ONE PIECE」にも

死者を蘇らせる能力者が居ましたね。

 

 

 

 

 

そうそう、「キン肉マン」でも

いつの間にか生き返っていた超人がいた気が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回その開け口ガバガバのパンドラの匣を開けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人智を超えたその禁断の方法とは、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIFです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ〜 (♪怖い時によく流れるアレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、実際にやってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611123348j:plain

 

材料のご紹介です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121508j:plain

 

まず、まな板の上にししゃもを一尾のせます。

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611124010j:plain

 

次に、ししゃも全体が映るようにカメラを配置してください。

この際、カメラは今後動かないように三脚でしっかり固定すること

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121631j:plain

 

ししゃもを少しずつ動かします。

少し動かす度に写真を撮ってください。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121856j:plain

 

躍動感を再現するために、偉い人が書いた論文を参考にしましょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611122030p:plain

 

撮影した画像を編集ソフトで加工します。

自然な動きを意識しましょう。

 

 

 

 

 

 

書き出す際、拡張子はgif.にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611104851g:plain

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見てください。この躍動感

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611104851g:plain

 

 大海原を荒々しく泳ぐ立派なししゃもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611110901g:plain

 

あえて群らしてもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611114421g:plain

 

鳥も同様に蘇ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121235g:plain

 

楽しそうなので僕も蘇りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりです。