読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『個性濃縮』ブログ

京都を拠点に暇人社会不適合ライター達が『個性』をダダ漏れにした記事を更新する愉快痛快廃コンテンツはこちら

【実験】いろんな豆からコーヒーを作ってみたんだがwww

image


はじめまして!梅潤こと梅本 潤です!
写真は美顔カメラで撮影してみたものです。



文明の利器パネェっすね!
この写真とは大違いっすね!

image




あ、すみません。自己紹介がまだでした。
このへんでささっと
自己紹介を終わらせたいと思います。



名前:梅本 潤
誕生日:松本 潤さんと同じ
血液型:松本 潤さんと同じ
身長:松本 潤さんと同じ
顔:松本 潤さんと同じ



こんなイケメン人間です。
これからここで記事を書かせて頂きます。
よろしくお願いします。





さあ、本題に入りましょう。

みなさん、
コーヒーは好きですか?



僕はほぼ毎日摂取するほどの
コーヒー好きです。


先日も、沈みゆく夕陽をながめながら
コーヒーを飲んでいたのですが、

image





「別の豆だったら?」

つまり、

コーヒー豆以外の豆を同じ製法で加工すれば
美味しい飲み物が完成するのでは?


という疑問が浮かんだのです。



ならば早速、必要なものを用意しましょう。




image




今回買ってきたのは、

大豆、小豆、グリーンピース

の3種類です。

image


こちらも美顔カメラで撮影したものです。
豆たちも美しく輝いていますね。
心なしか嬉しそうです。




ご存知でしょうか?


コーヒー豆は



乾燥

焙煎

粉砕

抽出



この4工程を経てコーヒーとなるのです。




買ってきた豆たちは
既に乾燥していますから、
焙煎の工程からのスタートです。




フライパンへ豆たちを 豆乳 投入です。


image



弱火で10分程加熱しました。

image



素晴らしい仕上がりでしょ!
他の豆たちもどんどん焙煎していきましょう。




image




なぁぁぁんということでしょぉ~!
色鮮やかな豆たちが、全て焦げ茶色に変化したではありませんか!

image



匠ってすごいですね。
グリーンピースを焦がすなんて
高等なテクニックですね。



ここで 梅潤 気づいてしまいました。
そう、皮の存在に…
焙煎したコーヒー豆に
皮はついてないですよね。


もちろんそこは本家に合わせます。
作業開始!

image


…気が遠くなる作業でした。



この作業も終盤に入った頃、
「なんなん!焦げ臭い!」
と言いながら僕の妹 ミサキ が帰宅です。
今の状況を目にした瞬間、
「あほちゃん」
と一言。この企画の全てを否定されました。

image


ミサキです。
注)顔出しNGだそうで左手だけの出演です。


妹がなんと言おうと
粉砕の工程へと進みましょう。
もちろんコーヒーミルなんていう
シャレたものなんて持っていませんよ。

image




これで十分です。
叩き潰せばいいのです。
ぶちのめせばいいのです。


image



豆たちを袋に入れて…

image



うおぉぉぉぉぉお!!!

image



5分後…見事に粉々です。
残すは抽出のみ!
比較のため普通のコーヒーも用意しました。

image





この4種類を試飲します。



image






実食!


まずは普通のコーヒー。

image




うん、いつもと一緒。

image






2番手は大豆!

image




大豆の香りすげぇ!!!
そして苦い!!!


image




3番手は小豆!

image


グッ!


…何も匂いせん
…苦味だけ


image




ラストはグリーンピース

image


ゴクッ!

image


半端なく苦げぇよ!!!
いや、苦すぎやろ!
ほんま、あほちゃうか!




もう少しお付き合いください
実はもうひとつ豆を用意していたんです。

これ!

image



そう!納豆です。
ご存知のように納豆は大豆です。
大豆コーヒーと納豆コーヒーには
どんな違いがあるのでしょう?


では、納豆を混ぜていきましょう!



くさっ!

image



忘れてました!僕は納豆が嫌いでした!
臭いが無理なんです。
ですから、完全防備で挑みます。


image



これで大丈夫でしょう。


いざ、出陣!


かき混ぜます。

image


伸ばします。

image


<結局臭かった図>

image




image






納豆は乾燥してないので、
まずは乾燥の工程からですね。






image



食器乾燥機にぶちこんでやりました。
これで乾燥するはずです。




お母さんごめんなさい。
でも、必要な犠牲なんです。





4時間後……

image



くさっ!!!
超絶くさいっ!!!

image




"冬になって部室の奥深くから発掘された、
夏の汗が染み込んで発酵したTシャツ"
みたいな臭いがする!




乾燥機も臭く……
……お母さんほんとごめんなさい……。





吐き気を我慢して焙煎の工程へ移ります。


立ち上る臭いとの格闘の末、

完成したのは、


image



ウサギのう○こじゃねえか!



粉砕したものが、これ

image



見た目に違いはないようです。
では味はいかに!?

実食!

image


ゴクッ……ん!?

image



なんか味あんねんけど!
まずいわ!


飲めたもんじゃないですね。

納豆ってなんなん?

もう納豆という存在に腹が立ちます。







ここまで失敗や寄り道がありましたが、
別の豆を使ってもコーヒーに似たものが
飲めるということがわかりました。


しかーし!


単に飲むだけでは 本当にコーヒーを楽しんでいる
ということにはならないと思うんです。


コーヒーは ケーキなどと一緒に食べる
一層美味しくなる飲み物ですよね。




うまい!とは言えなかった
大豆コーヒーや小豆コーヒーも
食べ合わせのいい食べ物と一緒に飲むことで
もっと美味しくなるはずなんです!


では、考えていきましょう。


相性抜群の食べ物とは?


【小豆コーヒー×○○○】


小豆といえば……あんこ

あんこといえば……もち!

image


用意しました。

image


つけて~

image


パクッ……

………………。




【大豆コーヒー×〇〇〇】


大豆は簡単ですよ。
これしかないです。

image


そうです、醤油です。



相性抜群っしょ!

なぜなら
大豆×大豆の法則です。



え!?
聞いたことない!?

ならば、説明しよう!


大豆が原料である、"豆腐"と"醤油"
その相性は"冷奴"で示されるように
抜群である。

このように、大豆が原料である食べ物を
一緒に食べると相性が抜群であることを
大豆×大豆の法則というのです!


この組み合わせが相性抜群であることが
証明されたので、早速飲んでみましょう。

実食!

image





image


まっずぅぅう!


なんでまずいねん!
大豆×大豆の法則 だろうが!






結論:
コーヒー豆からつくるコーヒーが
一番美味しい







P.S.
お前ら"コーヒー豆"言うとるけど、
コーヒー豆って豆じゃねえからな。