『個性濃縮』ブログ

京都を拠点に暇人社会不適合ライター達が『個性』をダダ漏れにした記事を更新する愉快痛快廃コンテンツはこちら

【どいちゃん番外編】白線渡りを全力ですると、どこまで行けるのか。

 
 
「白線から落ちたらダメだよ」
幼き日の思い出が蘇ります。
 
 
 
学校からの帰り道、野球をした公園からの帰り道。僕らは白線から落ちたら負けという独自のルールを決め、できるだけ長く友達と遊ぼうとゆっくりゆっくり家路についていました。
 
 
 
白線から落ちたら鮫に食われる。
白線から落ちたらワニに噛まれる。
 
 
 
 
色んなパターンはあれど、だいたいでかい水生生物に噛み付かれるというルールじゃなかったですか?
 
 
 
 
あの白い線の外部分は海だったり川だったりするわけですね。つまり。
 
 
 
 
そう考えると学校が水上都市みたいでかっこいいですね。
 
 
 
 
 
 
さて、そんな「白線から落ちたら負けゲーム」を、全力で続行させ続けるとどうなるのかというのが今回の企画趣旨です。
 
 
 
 
持ち物はなんでもあり。白線以外にも縁石をセーフにするというルール(知り合いに聞いたところ、縁石はセーフルールの地域の方が多かったので)
という感じです。
 
 
 
 
スタートは近くの小学校。
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154832j:image
 
そして、今回協力してくれるのが当ブログ名物キャラクターどいちゃんです。
 
 
 
 
 
「どいちゃん記事は数字持ってるから」と他では絶対役にたたないアドバイスをアチョー編集長に頂き、期待は十分。
 
 
 
 
 
 
さあ、はじめるよ、どいちゃん。
 
 

f:id:koseinousyuku:20160621154813j:image

 
 
 
 
爽やかな笑顔だね、どいちゃん。
ランドセルがキマってるね。
 
 
 
 
 
 
 
小学生と間違えちゃうね、童顔だから。ね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 

f:id:koseinousyuku:20160621110423j:image

 
 
 
 
 
いきなり白線じゃないルート選ぶんだね、どいちゃん。
SASUKEかと思ったよ。
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621110517j:image
 
 
 
 
 
どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621110534j:image
 
 
 
 
 
 
大丈夫?
まだスタートしてすぐだよ、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん……。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621110552j:image
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん……!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんとかのりきったね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621110619j:image
 
 
 
 
このままどこまで行けるかな。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621110635j:image

 

 
 
 
 
 
幼稚園児に「なんであの人ランドセル背負ってるの?アホやん」っていわれたね。
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:koseinousyuku:20160621154923j:image

 
 
 
 
 
怒って幼稚園児を追いかけたよ、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
通報されちゃうから、やめようね。
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154956j:image
 
 
 
 
 
どいちゃん。
どうしたの?
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621155012j:image
 
 
 
 
 
 
あ。
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621155030j:image
 
 
 
 
 
 
 
これは、もうダメだね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
大丈夫。よく頑張ったよ、どいちゃん。
おつかれさま。
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621155053j:image
 
 
 
 
 
あれ?それは?
 
 
 
 
 
 
 
白いクッションだね。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621110935j:image
 
 
 
 
 
 
どいちゃん……。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621111139j:image
 
 
 
 
 
 
どいちゃん!?!?!?!?
 
 
 
 
 
 
 
 
のりきったね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621141349j:image
 
 
 
 
 
 
あ、また行き止まりだね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621141409j:image
 
 
 
 
 
あれ?
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621141433j:image
 
 
 
 
 
トイレットペーパーだね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621141502j:image
 
 
 
 
 
 
どいちゃん………。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621141527j:image
 
 
 
 
 
 
どいちゃん……………。
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621141528j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は今、奇跡を目撃してるのかな、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153546j:image
 
 
 
 
 
 
 
あれ?
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:koseinousyuku:20160621153546j:image

 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん、どこ?
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153558j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ…………。
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153635j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153647j:image
 
 
 
 
 
 
 
イリュージョンだね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153728j:image
 
 
 
 
 
 
どうしたの?
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153716j:image
 
 
 
 
 
 
手袋だね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153755j:image
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん…………。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153805j:image
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153822j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なにがしたいの?どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153835j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
あれ?
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153848j:image
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん???
 
 
 
 
 
 
 

f:id:koseinousyuku:20160621153848j:image

 
 
 
 
 
 
あ、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621153924j:image
 
 
 
 
 
 
どいちゃん!?!?!?
 
 
 
 
 
 
 

f:id:koseinousyuku:20160621153937j:image

 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154005j:image
 
 
 
 
 
 
クリエイターだね、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
どいちゃん、もう最後だね。
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154019j:image
 
え?ガムテープ?
 
 
 
 
どいちゃん……。
 
 
 
 
 
まさか。
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154049j:image
 
 
 
 
 
 
どいちゃん!?!?!?
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154100j:image
 
 
 
 
 
 
 
すごい。
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154116j:image
 
 
 
 
 
無敵の白線渡りシューズじゃないか。どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん。
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154127j:image
 
 
 
 
 
ここは、どこだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思えば遠くに来ちゃったね。どいちゃん。
 
 
 
 
 
どいちゃんはこれから、どこに行くのかな。
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154140j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
ねぇ。どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154305p:image
 
 
 
 
 
 
 
 
どいちゃん…………。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:koseinousyuku:20160621154348j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
君はどこまで行っちゃうの…?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ねぇ、どいちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ねぇ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

なんこれ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
白線は学校周りとか通学路にめちゃくちゃありました。
仮説なんですけど、本来の目的は車道と歩道の境界の表示のための白線なんですよね、白線って。
それが多いってことはつまり、その境界を教えなければならない人に向けているということ。
子供に向けて、子供がたくさん通る道に白線を引いていたのではないでしょうか。
 
 
僕らが自然も白線渡りをしていたのにも、通学路に白線がたくさんあったからかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
完。
 
 
 
 

【起きれない】ので雷属性の目覚まし時計を作ってもらった。-下-

 

-前回までの(雑な)あらすじ-

 

目覚まし時計を作ろう!

→山あり谷あり

→生命線である豆電球が死んだ。

 

koseinousyuku.hatenablog.com

↑ 詳しくはこちら

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615110413j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain、どうするよ?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「んー、

ずるずる

 でもさ、これがないとさ、

ずるずる

 ほんまに電気が流れてるか

 確認のしようがないしさ

ずるずる

 むやみに電池繋げても、

 意味ないねんなー」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「とりあえず、下手しい

 命が関わる実験の最中

 サッポロ一番食べんのやめよか。

 あ、電球のスペアとかないの?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「あるっちゃあるねんけど、、」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615112623j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「豆電球じゃなくてフツーの電球ねんな。

 さっき見てみたら

 点灯に100Vぐらい必要みたい。

 でも100Vってヤバいやんな。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「100Vは流石に

 なにかを失う気がする。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「とりあえず、、

 丁寧に乾電池10個繋げてみるわ。

 アチョーはそのアルミホイルを

 いい感じにしといて

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「説明雑かよ。

 それで伝わるんマナカナぐらいやろ。」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615113917j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「こんな感じでいい?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「うん、そうそう!

 ちょうどそんな感じ!

 おれもできたわ!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「あの説明で正解を導いた

 自分を褒めてやりたい。」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615114005j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...単三もこう繋げるとなると

 けっこうデカいな。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「これと他パーツを

 組み合わせるとついに!!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「お!ついに!?」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615115525j:plain

シュゴォオーーーー!!!

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615115745j:plain

ピシャァアーーー!!! 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615120141j:plainクリップァアーーー!!!

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615120554j:plain

 エナメル銅線ァアーーー!!!

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615121901j:plain

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615121955j:plain

シャキーーーン!!!

(くそダセぇ目覚まし時計が合体した音)

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain「完成!!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「くっそダセぇ!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616094709j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「うえぇ、なんやこれ!

 ウェアラブルは?

 めざましい技術開発は?

 人類のソリューションは?」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616095054j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「裏側のやっつけ感エグいな!!!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「見えへんしええやろ?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「実験のためやから!!!って

 アホみたいな作業黙々とこなしてた

 さっきの自分思い出して。」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「ちなみにこれってどういう仕組みで電気が流れんの?

 僕が朝起きてから一連の流れ教えて。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「まず、朝になったら目覚ましから音が流れるやろ?」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「うん」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「その音を止めるためにどうする?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「え、ボタン押して止めようとする...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「やんな!そのボタン見てみ」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616100202j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「近くに電池につながれた不自然なアルミホイルがある...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「このボタンを押してアラームを止めようとするとアルミに触れて...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「まさか...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain

「電気流れるやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain

「とんでもないもん作りやがった!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615121955j:plain

ドM専用セルフ拷問器具ぅ~ドラえもん風に)

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「そもそもボタン押す時点で、

 音だけで起きれてるやん。

 あと押したら確実に電気流れるって

 わかってておれボタン押すん?

 ドMやん。大前提にドMやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「...でもおれの友達も

 これならイケるって言ってたで??」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「そいつ絶対適当に返事してたで。

 パズドラしてなかった?そいつ

 ガチャ回すんに必死じゃなかった?そいつ

 

 ...あと一番の問題点言っていい?」

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616102446g:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「上に伸びた電池邪魔で

 ボタン押せへんやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain

「(笑)」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...あと、これさ

 万が一、億が一、兆が一

 器用にボタン押せたとして

   ほんまに電流流れんの?

 今回の企画それが全てねんけど。

 梅潤、アルミホイル触ってみてや。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plainえぇ!!?おれやんの?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「死因コレだけはほんまに嫌やわ。

 あの世で先祖にリンチされそう。」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「...いくで?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「ごくり....」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616103159j:plain

ぽんっ

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「.........」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616103244j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「......」

 

f:id:koseinousyuku:20160618160732j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain

「.........」

 

f:id:koseinousyuku:20160618160808j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「............」

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160617141257j:plain

思い出ずっと ずっと忘れない空

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160617140608j:plain

二人が離れていっても

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618113549j:plain

こんな好きな人に出会う季節二度とない

 

 

  

f:id:koseinousyuku:20160615110413j:plain

光ってもっと最高のLady

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160616102446g:plain

きっとそっと想い届く

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618150117j:plain

信じることがすべて 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618114353j:plain

Love

 

f:id:koseinousyuku:20160618145619j:plain

so

 

 

f:id:koseinousyuku:20160618154151g:plain

sweet

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「いかがだったでしょうか?

 今回はものすごく失敗に終わりました。

 頼む相手を間違えたのが主な原因です。

 そもそもこの構造で電気が流れるのかさえ

 定かではありません。

 僕が朝すっきり目覚める日は

 果たして訪れるのでしょうか?

 

 ・こんな方法があるよ!

 ・こんな目覚まし時計は?

 様々なアイデア募集中です。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain

「では、おやすみなさい。」

 

 

 

 

おわり

 

【起きれない】ので雷属性の目覚まし時計を作ってもらった。-上-

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615091848j:plain

 どうもこんにちは!

アチョーアギナルドアギタカ(左)です。

こんにちは!

梅潤(右)です。

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615092032j:plain

 「...なにしてたの?

  全然このブログに顔も出さずに

  なにしてたの?」

 

 

梅「え、去年から一人暮らしはj..」

何を隠そう、彼梅潤はこの『個性濃縮』ブログのライターなんですけど、

ここ数か月彼の書いた記事が日の目を見ることはありませんでした。

 

 

ま、書いてないから当たり前なんですけどね。

 

 

koseinousyuku.hatenablog.com

koseinousyuku.hatenablog.com

koseinousyuku.hatenablog.com

 

梅潤の過去記事を貼っておきます。

特に一番下のやつが迷走してて笑えます。

 

 

 

ここ数か月、顔もろくに見てなかったので、

てっきり 野犬の餌にでもなったか、ダンプカーの下敷きになったのだと思っていました。

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615092032j:plain

 

ア「で...なにしてたの?」

 

 

梅「え、最近は友達とぱちんk...」

それでは、なぜ僕が彼を呼んだのか

そのワケを無駄に四コマ漫画でお教えしましょう。

 

f:id:koseinousyuku:20160616110301j:plain

  というわけで、理系でそこらへんの事情に詳しそうな梅潤に

僕が絶対に起きることができる目覚まし時計を作ってもらいましょう。

 

 

 

 

僕の思い描いた目覚まし時計はこうです。 

 

f:id:koseinousyuku:20160616093124j:plain音に加えて、若干の電流がピリッと流れその刺激でスッキリとした目覚めをご提供。より快適な朝を迎えることができる、目覚まし時計という名の人類のソリューション。技術開発がめざましく進み、様々なパーツが軽量化・縮小化されている昨今、ウェアラブルであることはマスト。

 

こんな目覚まし時計。

 

 

そもそも、目覚まし時計って「無属性」じゃないですか?

寝ている人に対して鼓膜を振動させるだけで眠りから覚まそうとします。

これだとターゲットに対するアプローチが単調で本当に深い眠りや、その音に慣れてきた場合、簡単には起きれませんよね。

 

ちなみにこの「無属性」ですが、

消しゴム、まな板、自転車、スリッパ、柴犬、安住アナ

なんかも「無属性」だと僕は勝手に認識しています。

 

ようは「なんか普通」っぽいやつですよね。

 

 

 

一方「雷属性」ですが、

簡単に言うと電気が流れてそうなやつです。

電信柱、AED、冬場の毛布、布袋寅泰

なんかが当てはまると僕は認識しています。

 

ようは「ビリッ」ってきそうなやつですよね。

 

 

 

 

☆今回は「音」と「電気」の

 全く新しい目覚まし時計を作ってもらおうという企画です。

  

※イマイチ説明がわからなかったって方は、今までの説明をすべて忘れてください。

 

 

 

 

では、二人の奮闘ぶりを見てみましょう。

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「構想は練ってあるん?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「うん、色々調べてん。人体に害を及ぼすレベルとかを、ネットで

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「(ネットかよ...信用できるんかな...)どのくらいならアウトなん?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「ええっと、アメリカでは...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain待て待て、国によって安全なレベル変わるんかい。

 じゃあ、なんや、

 インド人はよく流れるけど、ネパール人は全然流れませーん

 みたいなことあるんかい。

 同じ人間なんやから体の構造そんなかわらんやろがぃ!!!」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「なんか、25ボルトからアウトって国と

 50ボルトからアウトって国があるみたい。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「倍違うやんけ。」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「(笑)」 

  

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「アバウト過ぎひん?人体に影響及ぼす数値アバウト過ぎひん?

 とりあえず不安やしこの場にでんじろう先生呼んでくれへん?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「まぁ、大丈夫やろ!今回使うん市販の乾電池やし!

 材料はちゃんと買ってきてるで。」

 

ジャラジャラ

 

f:id:koseinousyuku:20160615095344j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「まず乾電池が1個1.5Vやからこれぐらいあれば十分で、

 あ、目覚ましは普段おれが使ってるこれ使ってええよ。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plainおい

 1本1.5Vやったらパッと見20本はあるから、

 

 1.5(V)  ×  20(本)  =  30(V)

 

 どっかの国の許容量余裕で超えてるやんけ。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「(笑)」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「下手しい、目覚まし時計で一生目覚まされへんやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「(笑)」

 

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「なに(笑)っとんねん」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615100431j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「じゃあ、まずはビニールテープと銅線を使って

 乾電池を直列つなぎにしよう。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「おお、理科っぽい」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615130439j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「こんな風に電池と電池の間にねじった銅線を挟むことによって

 電気がより流れやすくなると思う。

 

 そもそも電気の実験とかで、

 なんで銅線を使うか知ってる?

 

 銅って銀の次に電流が流れやすいねん。たしか

 それでほんまは銀がいいねんけど、銀って高いやろ?値段的に

 やから安価でも次に流れやすい銅を使うねん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain(こんな理系のやつよくいるよなぁ...)

「いちいち挟むん、めんどくさそうやけど大丈夫?」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain「実験のためやから!」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain(悪い奴じゃないねんなぁ...)

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「これを使って確かめてみよう。」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615101821j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615095117j:plain「おお!明るい!!」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615102303j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「こっちが乾電池1個だけ」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「1つ増やすだけでこんなに違うんやな。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「こうやって繋いだら確認してっていうのを

 繰り返しせんと、どこで不具合が生じたかわからんくなるから」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「なるほど、実験ってなかなか時間がかかるのね」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain「うんでも、実験のためやから!!

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「部屋クソ暑いから勝手にクーラー付けとくで。」

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plainずるずる

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「これを挟んでっと」

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plainずるずる

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plainずるずる

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「あの...」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615103427j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plainサッポロ一番食べてるところ申し訳ないねんけど、

 豆電球の確認はもういいの?

 全然確認作業してないやん。」

 

f:id:koseinousyuku:20160615093739j:plain「あ、忘れてた。やらなな!!」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「大丈夫か、こいつ...」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615103840j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「あれ?一瞬光って消えた...??」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615104028j:plain

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「あれ?全然光らへんくなった...」

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain「...」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615110413j:plain

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615093918j:plain「命綱が...」

 

 

 

 

 

 

果たして、彼らは一体何と戦っているのだろうか?

 

自らを殺す殺戮目覚ましを作るアチョー

お湯を吸ってぶよぶよなサッポロ一番を食らう梅潤

 

 

彼らの運命やいかに !?

 

【起きれない】ので雷属性の目覚まし時計を作ってもらった。-下-に続く

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160615094005j:plain

「誰も興味ねぇよ。」

 

 

 

 

To Be Continued ...

  

 

【できた】リアル死者蘇生

 

 

 

どうもこんにちは!

ごめんなさいのKissing アチョーアギナルドアギタカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、僕はこの記事を書くか否か

本当に悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも何も考えずに

ノリだけで記事を書き、勢いで投稿し

他のライターに誤字脱字を見つけてもらうような僕が

本当に悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

悩みがなさすぎて

三者面談がいつも5分で終わっていた

あの僕が今回に関しては本当に悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、今回の記事は、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだものを蘇らせる企画だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ〜 (♪怖い時によく流れるアレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

... 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、「死者蘇生」というものをご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

遊戯王」でお馴染み、

同年代の男子なら

大抵の人は知っているでしょう。

 

 

 

墓地に存在しているモンスターならばどんなレベルステータスでもこれ1枚でフィールドに呼び戻してしまう強カード。大量のカードが存在する現環境でも「とりあえず入れておこう」でも十分すぎる活躍をしてくれる。(- ニコニコ大百科(仮)より引用)

 

 

 

 

 

 

そのカードの持つ力に人々はおびえ、

禁止カードに指定されていたという

過去もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「鋼の錬金術師」でも

人体錬成という死者を蘇らせる技がありました。

 

 

 

母親を失った主人公兄弟が、

必死の思いで蘇らせようと

知識を集めこの技を試みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼らに待っていたのは悲劇...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公兄は、右腕・右足

そして弟の体全てを失ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「NARUTO」にも穢土転生という

死者を蘇らせ操る秘術がありましたね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「ドラゴンボール」でも

玉を数個集めたら、死者を蘇らせることができましたね、 

 

 

 

 

 

 

 

たしか「ONE PIECE」にも

死者を蘇らせる能力者が居ましたね。

 

 

 

 

 

そうそう、「キン肉マン」でも

いつの間にか生き返っていた超人がいた気が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回その開け口ガバガバのパンドラの匣を開けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人智を超えたその禁断の方法とは、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIFです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ ニナ〜 (♪怖い時によく流れるアレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、実際にやってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611123348j:plain

 

材料のご紹介です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121508j:plain

 

まず、まな板の上にししゃもを一尾のせます。

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611124010j:plain

 

次に、ししゃも全体が映るようにカメラを配置してください。

この際、カメラは今後動かないように三脚でしっかり固定すること

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121631j:plain

 

ししゃもを少しずつ動かします。

少し動かす度に写真を撮ってください。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121856j:plain

 

躍動感を再現するために、偉い人が書いた論文を参考にしましょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611122030p:plain

 

撮影した画像を編集ソフトで加工します。

自然な動きを意識しましょう。

 

 

 

 

 

 

書き出す際、拡張子はgif.にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611104851g:plain

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見てください。この躍動感

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611104851g:plain

 

 大海原を荒々しく泳ぐ立派なししゃもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611110901g:plain

 

あえて群らしてもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611114421g:plain

 

鳥も同様に蘇ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160611121235g:plain

 

楽しそうなので僕も蘇りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりです。

 

 

 

 

第一回手書き地図のキセキ

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607174849j:plain

 

 

 

 

「紙袋から生まれようとしている人」のモノマネ中、すいません。





レディ寺田です。



今回の記事は、先日行った【手書き地図のキセキ】という企画のまとめ記事になります。



現代では、GPSが発達し、誰しもが行きたい場所にスマホひとつで向かうことができます。

 


しかし、スマホのなかった時代。

 


僕らは誰かと会う場合、手書きの地図を作って、それを頼りに交流していました。してなかったら今回の企画終わっちゃうので、していたのです。

絶対に。



現代の我々が、手書き地図だけである地点までたどり着くことができるかどうか、簡単にまとめるとそういう企画です。






企画当日。
今回協力してくれる人物から手書き地図を受け取りました。


f:id:koseinousyuku:20160607182930j:image




こんな感じでした。



もし仮にドラクエのフィールドマップがこんな地図なら勇者をやめてコンビニでバイトすることになるでしょう。

 

 

 


時給850円、深夜帯990円で同僚はホイミスライムです。

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607175310p:plain



ホイミスライム廃棄弁当めちゃくちゃ食いそう。



こんな地図ではドルマゲスを追うことなどできず、事態が進展しないので、追記情報を要求しました。


 

 

f:id:koseinousyuku:20160607181000j:plain

 




こうなりました。



 

 

 

 

 

 

 

 


全然変わってへんがな。

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいことは言いませんが、「水曜どうでしょう」のことが好きすぎるのが伝わってきました。

「桂浜で会おう」と言われましたが、誰がこの地図で高知向かうかよ。




 

 

ヒントとして

 

 

 


「3次元を2次元に落とし込む」
「z軸を理解しろ」

 

 


という「何を言ってるんだこいつ」というヒントをいただきました。

 

 

 

 

意味がわからなかったので、「はぁ」とだけ返し、重視しませんでした。



ルールとしては、時間制限90分以内に彼を見つけることができれば、クリア。見つけられなければ、桂浜に強制送還というルールです。


基本的にGoogleマップ等の地図アプリを使用するのは禁止。


人に尋ねるのはセーフというルールです。

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607175604j:plain



あと、ついでなんで、こいつを探すことにしました。皆さんも見かけたら、連絡お願いしますね。



 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607175708j:plain

 



スタートすぐファミリーマートは見つかり、さらにセブイレも見つかったので、「あれ?これ、方向さえわかればその道一本道じゃね?」と余裕をぶっこきました。


「なんだなんだ、一発目の企画だから手抜いてくれたのか?ん?」と出題者を舐め腐りながら、僕はずんずんと歩いて行きました。



 

 

f:id:koseinousyuku:20160607175739j:plain

 

 


しかし、2キロほど歩いても目標のコンビニが現れず、ついに地図にない100円ローソンが現れました。



この辺りから「あれ?なんか変だぞ」と思い始めたのですが、自分をだましだまし、そのまま歩き続けました。



20分後。


 

 

 

 

 



「ちゃうわ、これ」




気づきました。




完全に騙されました。




一本道かと思いきや、実はこの地図、目印のお店が見えるたびにそれを書き入れ、距離感だけを落とし込んだ普通の地図なのでした。

 

 

 

 



自分でも何言ってんのかわからなくなってきました。

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607181115j:plain

 



つまり、この地図は一本の線に見えますが、実際はこんな感じな線を、

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607201217j:plain

 

 


こんな感じで無理やり引き伸ばした地図なのです。



なんかバカリズムのネタみたいになってきたな。




そうとわかれば、来た道をとにかく引き返し、引き返し、引き返しまくります。




最後に見失った目印まで引き返し、そこから道行く人たちに声をかけ、「すいません、この先、セブイレ、ファミマ、サークルKの順番に並んだコンビニありますか?」と聞いて回りましたが、「なんでそんなにコンビニ限定なの?」至極真っ当な返答をされ、途方に暮れました。

 

 



道に立つ警備員のおじさんに「今、待ち合わせしてるんですけど、相手がすっげえ田舎者で、コンビニが実家近くにない人なんで、目印をコンビニでしか言えないんです」という嘘を付き続けた結果、なんとか道を教えてもらいました。

 

 

 

 

 



どんな嘘だよ。





二条城近くでは外国人観光客に「キャッスルウェアー?」と尋ねられ、「ストレートストレートゴー」と道を教え、なんとかたどり着いた地に彼はいました。


 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607181329j:plain



f:id:koseinousyuku:20160607181410j:plain



公衆電話の中に。






90分間居座り続けたらしいです。

 

 

 



恋人に長電話するタイプの村上春樹の登場人物みたいなことしてる。




「遅かったな」



と、一言。



「すっかり騙されましたよ」




「うん。実はこの地図にはまだ仕掛けがあるんやけど、聞きたい?」




「………はい(正直、もう十分では?)」





「「3次元を2次元に落とし込む」とは、つまり、点、線、面、立体の3次元を点、線、面である2次元に変容させることであり、立体を排除することだ」



これはさっき解明したやつだな。



「次に、一度2次元に落とし込んだ3次元を、再び2次元から3次元に戻すんだ」




……………????



メビウスの輪を知っているだろ?あれはある意味2次元と3次元を超越したもので、今回の地図にはそのメビウスの輪のようなものを仕掛けているわけだ。これをだな、こうすると」

f:id:koseinousyuku:20160607181541j:plain



f:id:koseinousyuku:20160607181605j:plain






f:id:koseinousyuku:20160607181630j:plain

 

 

f:id:koseinousyuku:20160607181654j:plain



「ほら、スタートがゴールに。ゴールがスタートに。平面が立体に、立体が平面に。つまり、スタート地点がゴール地点であるという訳だ」




………………。


 

 

 

 

 

 

 

 

 



「じゃあ、スタート地点まで歩こうか」





 

 

 

 



僕は電車に乗って帰りました。








と、いうわけで、今回の企画は終了しました。結果としては成功しましたが、腑に落ちない結果でした。




次回はアチョー編集長に地図を描いてもらう予定です。





それでは。

【超便利】今からでもできる!!変わり身の術

 

 

どうもこんにちは!座右の銘は「水戸黄門

アチョーアギナルドアギタカです。

 

 

今回は第1回『濃いめ選挙』で決定した企画です。

 

 

 

 

...ところでみなさん、

「恨み」買ってませんか?

 

 

友人と会話中ぽろっと言ってしまった失言が相手を傷つけ、知らない間に随分嫌われてしまってたりだとか。

苦手なことを隠している相手に「ちょっと醤油取って」と言うつもりが間違えて「やっぱ生理的に無理だって」と言ってしまったりだとか。

アカウントを乗っ取られたふりをして故意に「雅之、元気にしてるの?」というスパムメールを送っているのがバレたりだとか。

 

 

悪気があるないにしろ、知らない間に物凄く怨まれてた

なんてこと珍しい話じゃないと思います。

 

 

僕も、思ったことは脳のフィルターを通さず言っちゃうことがよくあるので、

「あ、こいつからえらい嫌われちゃったな。」「あいつめっちゃ睨んでるねんけど。」「年賀状今日は1枚も来てないな。元日なのに」

なんてこと日常茶飯事です。

 

 

 

特にこの『個性濃縮』ブログライターのレディ寺田に関しては、

早大ラグビー部並みの当たりの強さで接しているので

それはもう ひ孫の代まで恨まれてると思います。

 

 

彼の誕生日ケーキに死んだカブトムシを突き刺したりだとか

タイ旅行中に食用タガメをバックパックの中に混ぜたりだとか

実家のインコにひたすら卑猥な言葉覚えさせようとしたりだとか

罰ゲームと称してシェーバーに残ったヒゲカスをヨーグルトにかけて食わせたりだとか

引越し祝いに勝手にミドリガメあげたりだとか(←これは別にいいか)

 

 

 

 

 

いつか溜まりに溜まったこの恨みが爆発して、復讐されるんじゃないかと

毎日6時間ぐらいしか寝れない日々が続いています。

 

 

そこで僕が身につけたのが、

 

f:id:koseinousyuku:20160430142004p:plain

 

です。

 

 

 

 

 

知らない方のためにご説明します。

変わり身の術とは、

 

変わり身の術
元々は自分に化けさせた丸太等の身代わりを攻撃させ隙を突く術だが、現在の漫画やアニメ等では演出上、攻撃等を受けた瞬間に近くにある丸太等を使ってその場所と入れ替わるといった描かれ方をする。( - Wikipediaより引用) 

 

 

 

一見難しそうなこの変わり身の術ですが、

実は段階を分けて考えれば、誰にでも出来るものすごく簡単な技なんです。

 

 

 

その段階を究極にわかりやすくしたのがこの図

 

f:id:koseinousyuku:20160425221347p:plain

 

 

 

 

ね!ものすごく簡単でしょ?

 

 

この3つのステップを順番にこなせば、

どんなにおっかない相手に怨まれようと

ビビる心配は何もありません。

 

 

 

だって、変わり身の術があるんだもん wwwwwwwwwwww

 

 

 

 (ここまでの段階で「あ、こいつ全然ロジカルじゃねえな」と思ったそこのあなた。正解です。) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160430141249p:plain

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160526232804j:plain

 

では、実際にこのものごっつ切れそうな包丁を使って

変わり身の術をしてみましょう。 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160526233715j:plain

 

協力してくれたのは、このブログ初登場!!

猛進亭イボイノシシくんです。

 

 

 

今回は実験として彼に僕を攻撃してもらいます。

 

 

f:id:koseinousyuku:20160526233808j:plain

 

キレたらヤバい奴オーラ出てるのわかります?

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160526234903j:plain

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160526235122j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160526235408j:plain

 

「う"ッッーーーーーーー。。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160530143909j:plain

 

ドロン.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?できたでしょ?

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527000743j:plain

 

ものすごく自然な変わり身の術だったでしょ?

自然すぎてスクロールした自分の指をも疑ったでしょ?

え?いつの間に?ふぇ?って

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527001218j:plain

 

「あれれぇ〜??」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527001539j:plain

 

こんな感じで是非みなさんも怨みを買った相手から攻撃された時

「変わり身の術」を使ってさらりと身を守っちゃってください!

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527102853j:plain

 

 

 

 

 

 

 おわり...

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527001830j:plain

 

ガチャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527002043j:plain

 

「コロス....今日コソ.ハ..コロス......」

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527003659g:plain

 「あ"ーーーーーーーーーーーーーーっ」

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527002354p:plain

 

「あ"!!レ、レディ寺田だ!!!やべぇ、人殺す持ち方で包丁持ってやがる!!やべぇ!」

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527004259j:plain

 

「ふぎぃいいいいいいいいいいい!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527004523j:plain

 

「うぐっっ!!!」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527004653j:plain

 

 「もうあんたのパワハラはうんざりなんだよぉ〜お」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527004900j:plain

 

「パッ、、パワパワ....ッパ...」

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527005244j:plain

ドロン.

 

 

 

 

「はっはーーーっ!!!

  

  まだまだ、だな?

  この"変わり身の術"がある限り

  お前にやられることはない。

  引きつづき思う存分パワーハラスメントさせてもらう

  恨むなら年功序列を謳ったこの国を恨むんだなァアアアアア?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527005806j:plain

 

「はっはーーーーーっ!!」

「だ、大根!?あれれぇ〜??」 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527010311j:plain

 

「あ、あ、愛のムチぃいいいいいいえええあ!!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527010551j:plain

 

グサッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「.......ふっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527010917j:plain

 ドロン.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160609094505j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160609094559j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160527011116j:plain

 

「き、キサマもかぁああああああああああ!!!????」

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527020310j:plain

 

「甘いんだよぉぉぉぉおお!!

 いつまでもこき使ってんじゃねェア

 お命頂戴ーーーーーーーー!!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527020536j:plain

ドロン.

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527020814j:plain

 

「学習能力のないやつだ。」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527021143j:plain

 

「四肢もいで、マトリョーシカにしてやらァ!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527021251j:plain

ドロン.

 

 

 

 「うぇあああああああ!!」

ドロン.

 

「だらぁああああああ!!」

ドロン.

 

「くそがぁあああああ!!」

ドロン.

 

「どぅるああああああ!!」

ドロン.

 

「きしぇああああああ!!」

ドロン.

 

「ぽぐぁああああああ!!」

ドロン.

 

 

ドロン.

ドロン.

ドロン.

ドロン.

ドロン.

ドロン.

ドロン.

ドロン.

ドロン.

 

 

 

「うをぉぉぉおおおおお!!!」

「うをぉぉぉおおおおお!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527022323g:plain

 

「うをぉぉぉおおおおお!!!」

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527022414g:plain

 

 

「うをぉぉぉおおおおお!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527101055j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160527100729j:plain

f:id:koseinousyuku:20160527100738j:plain

f:id:koseinousyuku:20160527100906j:plain

f:id:koseinousyuku:20160527100922j:plain

f:id:koseinousyuku:20160527100935j:plain

f:id:koseinousyuku:20160527101145j:plain

f:id:koseinousyuku:20160527101013j:plain

 

f:id:koseinousyuku:20160527023110j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160527023429j:plain

 

「いただきまーす^ ^」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

【占】今日のあみだくじ占いSUPER

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160520185221p:plain

 

 

どうもこんにちは!あみだくんです!

 

こんな馬糞のようなブログに顔を出してくれたそこの君!

寝ぐせがひょっこり付いちゃってるそこの君!

水回りがきったねぇきったねぇそこのお前!

 

今日の運勢を左右する

あみだくじに挑戦してみよう!

 

 

 

じゃあ、さっそく次にする質問に対して直感でこれだ!と思った

先っちょからあみだくじをしていこう!

 

いいかい?くれぐれも直感だからね?

余計な詮索は無用だよ!

 

 

質問はこれだよ!直感で4つの選択肢の中から一つ選んであみだってね!

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160520213059p:plain

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160520210951p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211031p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211144p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211258p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211420p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211440p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211539p:plain

f:id:koseinousyuku:20160520211558p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160520193323p:plain

しっ、しまったぁあああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160520213647p:plain

えへへへ、僕としたことが寝ちゃってたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ナレーション)

あみだくじがなんだ。占いがなんだ。運勢がなんだ。

そんなものに頼って一生生きていくのか。

自分の幸せは自分で掴み取れ!そう、今日もまたあみだくんは行く、明るい夢をみるのではなくいつまでも夢に魅せられた人たちの元へ!!

 

 

 

 

 

f:id:koseinousyuku:20160520214136p:plain

...ったく世話がやけるぜ!!

 

 

 

 

 

 

 

おわり